坂本慎太郎が日本でライブするので、ライブの予習をしてみよう

ついに坂本慎太郎が日本公演を解禁

こういう歌モノのライブは一生やらないかと思っていたのですが
いやぁ、長生きもしてみるものだ。

下はドイツでの様子。

zeloneに掲載されてる情報を引用すると

“10月にドイツのケルンで開催されたWEEK-END FEST#7に出演し、
その後ベルリンでの単独ライブも終えた坂本慎太郎の東京公演が2018年1月17日(水)LIQUIDROOMで行われるそうです。
メンバーは、坂本慎太郎 (ギター&ボーカル)、AYA (ベース&コーラス)、菅沼雄太 (ドラム&コーラス)。
そしてゲストプレイヤーに西内徹 (サックス&フルート)。DJは二見裕志。”

 

この編成、ガッツリ歌モノやるみたいですね。
ドイツでのギター一本のソロ等聴くと
ゆらゆら帝国時代のスカスカなライブを想起させます。
一本でも、やっぱりこの人のギターは良いなぁ。堂々としていて。

View this post on Instagram

Shintaro Sakamoto auf dem Weekend Festival #7.

A post shared by Frank Berzbach (@frankberzbach) on





義務のように

 

ずぼんとぼう

 

坂本慎太郎さんって時代を経てどんどん変化していってて、人間らしくて良いな
元はこんなんで

こんなんやってたのに!

Author: 欲望ソース

too short my life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です