なぜあなたは「タバコ」ごときをやめられないのか?

禁煙したいと思ってるあなた。

そこのアナタですよ!!!
タバコをやめようと思ったことが、一度でもあるあなた。

なぜ自分が「タバコ」ごときをやめられないのか。

それを考えたことありますか?

寝タバコ
火事5秒前

考えましたか?

きっと理由は以下でしょうね。

・楽しんでるから
・美味しいから
・ストレスを解消するから
・周りが吸ってるから
etc……

 

あなたがタバコを吸う理由、どれもこれも、自分の意思ではないんですね。

私はヘビースモーカーでした。平均して一日一箱は確実に吸っていましたし
飲み会や雀荘などでは3箱近く吸っていることもありました。

しかし、私は自由を愛する人間なのです。
だから、タバコの持つ、不自由な特性が本当は嫌いだったと気付いたのです。

タバコを吸っている間は、ずっと喫煙の奴隷です。

それを認識しましょう。
まず必要なのは認識を変えることです。

さきほど

タバコを吸う理由を
・楽しんでいるから
・美味しいから
と答えた人。

次の事実を認識しましょう。


1 喫煙者は喫煙を楽しんでいない。

ニコチン切れを補給するために、本当は吸いたくもないタバコを吸うのです。
それを「楽しさ」や「おいしさ」と錯覚してしまうのです

あなたは最初に吸った時、むせたり、不味い思いをしませんでしたか?
スモーカーになっていくとそれが減っていきますね。
喫煙は、毒物に対する人間の持つ防御本能を鈍らせていることにも注意しましょう。

・ストレスを解消するから
と答えた人へ。

2 喫煙者はニコチンが切れると自動的にストレスを感じます。
自然の摂理です。
非喫煙者は、そもそもニコチン切れのストレスが無いということを認識しましょう。
タバコを吸わないほうが、ストレス解消となるのです。
それに、もしストレスを解消できると思い込んでいるとして
あなたはわざわざストレスをタバコで解消しなくても良いんです。
人生には、たくさんの選択肢があるんです。

・周りが吸ってるから
と答えた人へ

3 自由が欲しくなければ禁煙は諦めるべし
「周りが~しているから」という理由で自分の意思を決定する人は
完全に奴隷根性が身についているので、今は禁煙を諦めてください。
それが恥ずかしいと思えるようになってから、禁煙をチャレンジしましょう。
人に流されて、人生の大部分の時間を噎せ返る煙で汚染する行為が、果たしてあなたの自由の証なのですか?

絶対やめられる禁煙メソッド

幾つかの認識を変えましたか?

次は絶対やめられる禁煙メソッドを紹介します。

私は自由じゃないのは、嫌だなぁと思っていました。
それなのにタバコに支配されていたんです。

本当の私は何の奴隷にも、なりたくないんです。
だから
今、私はタバコの奴隷を辞めるため、禁煙しています
そのための方法は世の中にたくさんありました。

でも全部読む必要もないし、全部実行する必要もないんですね。

私はそれら禁煙メソッドの良いところだけを抽出して実行しています。

大事なことはコレだけです。

・タバコの離脱症状は無いと認識する
・禁煙を楽しむ
・吸いたい気持ちが出たら、観察する
・吸いたい気持ちを、開放する

 

タバコ辞めて、二週間程経過しています。

なぜ辞められたか?
それはタバコを吸わない生活を楽しめているからです。

楽しむなんてとんでもない!辛いことばかりだろ!
と仰りたい気持ちもわかります。

しかし禁煙に踏み切ろうとしているあなた。

「禁煙は辛い」というイメージがあると思いますが
まずそこの認識が間違っているとしたら?

タバコの離脱症状はあなたが思っているより少ないです。

安心してください。
間違っても、寝ている時にタバコを吸いたくなって起きたりしないのですよ。
ヘロインなんかに比べると離脱症状は極微量です。
そうでなければ常人に禁煙なんてできっこないんです。
(禁煙に成功している人すべてが、自制心の塊というわけではありません!)

さて、懸念は払拭されましたね。
次にバラ色の未来を想像しましょう。
まず、禁煙できると良いことは
タバコを吸わなくてすむこと」です。

「当たり前じゃねぇーか」
と思ったあなた。そうです。それなんです。
「タバコから開放された状況」
これが一番楽しいことです。

タバコは食虫植物に似ています。
蜜や香りが美味しそうだと思って寄ってきた虫を、結局食べてしまう。
そんな植物です。
ニコチンに寄ってきた人間を洗脳する、恐ろしい植物。

恐怖から開放されるのは気持ちが良いですよ。

もちろん喫煙所からも開放されます。
出先で喫煙できる場所を探さなければならない状況は、めんどくさいでしょう。

また、あなたが「気にしい」なタイプなら
非喫煙者に対する気配りから開放されます。臭いや歯のヤニを気にせず、胸を張って非喫煙者と話をすることが出来るんです。

当たり前ですが病気の懸念や美容トラブルからも開放されます。
禁煙さえすれば、不必要な身体機能の低下、スモーカーフェイスの恐怖はもうありません。

金銭面も同じです。そもそもタバコ代なんて気にしないほうが人生の精神衛生上良いです。辞めてしまえばタバコ代なんて考えなくなります。

ほかにもたくさんありますが。
数え切れないメリットを享受できるので、禁煙は楽しいんです。
もしかしたら「禁煙を楽しめるわけだから、喫煙者でよかった」と思えるかもしれません。笑

それでも吸いたくなったらどうする?

さて

禁煙すると楽しいらしいけど、もし、吸いたい気持ちが出てきたらどうしよう?」と考えているあなたに、もう一つメソッドを紹介します。

これがあれば鬼に金棒です。
禁煙が楽ちんになりすぎて、沢山の人に吹聴したくなるかもしれません。

それは以下です。耳をかっぽじって聞いてください。

・まず、吸いたくなったら、自分の吸いたい気持ちを観察します。
今、自分はタバコを吸いたいと思っている
と静かに認識してください。

・次に、その気持ちを心のカプセルの中に閉じ込めましょう。
そして、その気持ちをお空に投げるんです。
「ぽーい」って。
これは吸いたい気持ちの開放するイメージです。
これを行えば、不思議と、吸いたい気持ちは消えています。

 

以上、あなたがチャンピックスやバカなメソッドに引っかからず、禁煙できることを祈ります。

最後に忠告です。

一本でも吸うとまた脳内のニコチンシステムがリセットされてしまうので、禁煙中は一ミリのタバコでも一本も吸ってはいけません。ガムや薬などニコチン入りの代用品もだめです。

ニコチン依存をきっぱりやめることが、自由への一番の近道だということを認識しましょう。

読者様の最高の禁煙ライフをお祈りいたします。

出典:http://smoky-jp.net/kinen_method/liberation.html

Author: 欲望ソース

too short my life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です