亀川千代さんのインタビュー2

千代さんのインタビュー2

亀川氏はインタビューでは割と良く喋るようです。




-個人的な印象なんですが、「ゆらゆら帝国Ⅲ」以降、シングル「ラメのパンタロン」などを経て、2枚同時リリースの「ゆらゆら帝国のしびれ」&「ゆらゆら帝国のめまい」に至るまでに、ミックスの段階の遊びが増えて、どんどんバンド・サウンドから離れていく印象があるんですが。
なので新作の「sweet swop」はどういった作品になるのだろうと思っていたんですが、再びバンド・サウンドに戻って気がして。

亀「うーんと、その「しびれ」「めまい」を出した後にライブ盤(なましびれ)を出したんですが、そこで2枚のアルバムの曲をバンド・サウンドで再現したのが意外と手ごたえあったので、”じゃあ、あの感じを作品でやってみようか”と。その2枚を作った時は、ミックスの段階で極端にギターを抜いたり、ベースを抜いたりっていう作業をやっていたんですけど、今回はそういう編集作業はあまりやってないですね。」

-なるほど確かにあのライブ・アルバムは、アルバムの曲をライブでやるとこうなるんだな、ということを見事に提示したと思うんです。その流れで今回の作品が生まれたというのは、とても納得できます。

亀「そうですね、しかも新作は”今までとは違った感じ”っていうのではなく、これまでの作品とも繋がりがあると思います。」

-これまで経たプロセスから今があると。

亀「ま、それも後付けなんですけど(笑)やってる本人はそこまで意識してませんから」

-ベースプレイに関しては一定のリフが繰り返される気持ちよさを感じたんですが、この気持ちよさは一連の作品を経たからこそ、生まれたのではないか、と思うのですが。

亀「そう・・・ですね。うん。特に意識したわけではないんですけど、今回は曲を作ってる段階からこういう感じになって
ましたね。」

-これまでと曲作りに変化はありました?

亀「曲作り自体はずっと変わってないです。前回も、曲を作っている段階では3人で同時に音を出しながら作っていたんですけど、ミックスの段階で自分の音が変わっていたり、なくなっていたり、違う人が歌ってたり・・」

-ギターとドラムの手数が多い印象があるのですが。その中でベースはしっかりとボトムを守っている印象を受けました。

亀「最初に楽曲を作ってくる段階で、ドラム・パターンとかも同時に考えてくるんですが、それを踏まえてベースを弾いていると。結果的に今回のようになった、と。」

-ではドラムとベースが押し引きをしたりとかは?

亀「う~ん、特に意識してるやってるわけじゃないんですよね。」

-冒頭からベースのリフのみで引っ張る「ロボットでした」も印象的でした。

亀「あれも最初にドラム・パターンを作ってきたんですけど、ベースをどういう風に弾こうか最後まで迷ってて。曲を作ってる段階では、僕が何をやっていいか分らなかったんです。で、坂本君に意見を聞いたりして、最終的にああなったと。」

-曲を作る段階では常に試行錯誤は常に、していると。

亀「かける時間は曲によって違いますけどね。」

-ベース・プレイについてはどんどんシンプルになっていく気がするのですが

亀「最近はあんまりフレーズが思いつかなくなってしまったんで・・・・・本当に。」

-やはりベースのリフが曲を引っ張って、ループしていく気持ちよさがあるのかなって。

亀「え?うーんと、引っ張ってるつもりはまったくないのですが・・・」

-そう・・・ですか。今回のレコーディングはどういう風に進めていったんですか?

亀「いや、いたって普通に・・・・」

-普通に・・・3人でプレイして一発撮りしたと・・・

亀「そうですね。」

-・・・・・・あの~、バンドメンバーで一発撮りっていうのはある意味、とても勇気がいるんですよ

亀「あぁ、例えばミス・トーンとか?」

-そうです、そうです。一人のミスが許されない状況だったりするわけで。

亀「確かにそうですけど、ミスに関しては許容範囲内では問題ないです。

-これまでの作品も、テイクを何度も重ねない録り方でしたよね

亀「そうですね、今回も別テイクができるほど回数は重ねて録ってないですね。

-何度も録らないのはこだわりなんでしょうか?

亀「あ、いや、特にこだわってるわけではないんですけど・・・・あんまり回数を重ねても・・・・」

-なるほど!回数を重ねるとバンドの勢いがなくなるとっていうことがありますよね?

亀「いや、疲れるだけです。特に最近は。集中力も続かないし。」

-今回はどんな機材を使用しました?

亀「アンプで66年製のフェンダー・ベースマンを使ったりしました。歪んだ音が多いと思うんですけど、エフェクターは特に使ってないんで、歪んで聴こえるのは、全部アンプの歪みです。」

-ライブでは違った機材を使ってるんですよね?

亀「アンプは全然違いますね。でもそれくらいですよ。機材については特にこだわりがあるわけじゃないんですけど、レコーディング・エンジニアの方から借りたりとかはしていました。ベースはいつも使っているジャズベースと・ギブソンEB-3ですね」

-以前のレコーディングではネプチューン製のロングホーンを使用していましたが・・・

亀「今回は登場しなかったです。」

-新しい機材を試そうとかは?

亀「特に思いませんでしたね。今の機材が使い慣れちゃってるんで。」

-ジャズベースとEB-3ではキャラクターが全く違うじゃないですか。使うベースによって生まれるフレーズが変わったりすることはあります?

亀「ああ~、それはあるかもしれないですね。レコーディングだと、メロディを弾く事が多い曲は、EB-3
のほうを使っていることが多いです。音に暖かみがある気がするんですよね。」

-では、逆に激しい曲ではジャズベースを使ったりと。

亀「そうですね、音を出したときの感じというか、レスポンスも違いますしね。」

83 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:21:38 ID:EnEme6KC0 [3/7回(PC)]
-現在メインで使っているジャズ・ベースは何か手を加えたりしているんですか?

亀「いや、ネックを換えたくらいですね。最初についていたネックは状態がどうも落ちつかないんで、換えてしまいました。」

-そのジャズ・ベースは以前から使用している90年代に製造されたものですよね。ヴィンテージに興味とかは?

亀「ああー、興味ありますけどね。ただベース単体で音が良くても、バンドに合うかっていうのはバンドで合わせて音を出さないとわからないので。ベース自体の音はよくてもバンドの中でヌケないとね。」

-ライブでは、ベースアンプはアンペグを愛用されてますね。

亀「ヘッドはアンペグのv48をメインに使っています。生音でモニターできるくらいの音圧があったほうがいいので、ベースアンプをパラレルで2台鳴らすこともありますね。」

-モニターからは自分の音を返してないんですか?

亀「ベースの音を返すことはあまりないです。演奏しづらい気がして。」

-自分の音が聞こえすぎちゃうと、逆にやりにくいというベーシストもいますよね。

亀「確かに、聴こえすぎちゃうと、違和感を感じるときはあります。そのあたりをどういう風にしていくかは僕にはわからないんですけど。モニターからは何も返ってないときもあるんじゃないですかね。場所によってはヴォーカルであったりドラムを返してもらっているかもしれませんけど。自分の音を返すと、アンプからの音とレスポンスの差があるんですよね。」

-ベースに関して、どういった音を目指しているのでしょう?

亀「いや、特には・・・。ベースの音が聞こえていれば。」

-えっとライブでは、スタジオ作品より歪んで聴こえるのですが

亀「あっ、そうですね、大体歪んでるんじゃないかな。」

-そういった歪みは手元で調節しているんですか?

亀「いや、ゲインを稼ぐっていうことよりも、アンプ側でモニターできる音量にすると、自然に歪んでしまうってのがあるかもしれません。」

-では、あえて歪んだ音を狙っているのではなく?

亀「ええ、歪んでないとダメってことはないです、ただ、今使っている機材が一番やりやすいんで、その状態のままになっているだけです。」

84 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:25:21 ID:EnEme6KC0 [4/7回(PC)]
-最後にお聞きしたいんですが、ご自身今作を聴いてどんな感想をお持ちですか?

亀「どうなんだろう・・・なかなか言葉が見つからないですね。今は自分が関わったものを客観的に見ることはできないです。アルバムを作っている段階では、自分がどこに向かっているかわかってないんですけど(笑)最終的に”こういう曲になるのか!”と思うこともありますし。

-しかし、予想通りのものが完成するより、まったく予想外のものが生まれたほうが面白いですね。

亀「ああ、確かにそれはあるかもしれないですね。ただ、僕の場合はとりあえず今はこれ以外のやり方ができないんで・・・」

 

ベーマガはもう一つあるんだけど・・

-ライブ中って歌詞は聞こえてきますか?

亀「全部が聞こえてくるっていう感じでもないですけどね。センテンスが入ってくるとか一部が入ってくるとか、全部が聞き取れて記憶できてるわけではないので。」

-今回、すごくセクシャルな内容ですよね。それに亀川さんご自身がインスパイアされて、ベースの音がすごく官能的になってるという流れは合ったんですか?

亀「う~ん、あんまり意識してないですけど、あるとは思います。」

-割と抑揚的に、淡々とベースを弾かれているところがありますよね。亀川さんが冷静にベースを刻むからこそサイケでセクシュアルな世界がくっきりした輪郭で立ち上がってるんじゃないかなと・・・

亀「・・・・・・こういうやり方しかできないっていうのはあると思うんですけどね、自分は。しっくるくる場所とか位置がとかが今やってるところ・・・。今の時点ではそうなんですけど。まだわかんないですけどね(笑)。自分で選択してそういうポジションにいるって感じではないんですけどね。外から見てどういうところに、どういう位置にあるのかとかあんまり考えたことないんですよね。演奏しつつ何か別のこと意識するっていうことがあまりないですね。そこまで気が回らないって言うか・・・演奏に集中できてるかどうかもわからないんですけどね(笑)」

-ライブごとにプレイが違いますよね

亀「同じことができないっすね、繰り返しっていうのは。覚えられないんで(笑)」

-亀川さんの存在自身から強烈なロマンを感じるんですね。でも、そういうものがない音楽多いと思いませんか?

亀「今の音楽ですか?どういう人がやってるかよくわからないんで・・・」

-人が見えてこないって言うのもありますよね

亀「それはあるかもしれないですね。音が聞こえてきてても、どういう人がやってるのかなって興味が湧いたりしないっていうか。あんまり人間性知りたいとは思わないっすけどね。音がおもしろくないっていうか、あんまり気になんないっていうか・・・」

125 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/01/31(日) 02:20:37 ID:yNOBW3WS0 [3/3回(PC)]
-じゃあ逆に亀川さんが強く心惹かれるものってどういうものなんですか?何か極端なものとか?

亀「ああ、極端にでかい音とかね、うん。」

-形に収まるのがすきなんじゃないんですか?

亀「いや、それはそれでいいものがあるんじゃないかなあ。それがね、自分にわかるかどうかはわかりませんけど。みんな考え方違いますからねぇ。あんまり寛大ではないと思うんですけどね。気に入らないことは気に入らないんですけど。ただどうにもならないだけとかね(笑)」

-衝突とかはあんまりなさらないほうですか?

亀「うん、ただ、食い違ってはいるわけですよね、合ってないんだから・・・・・勝手にやってるだけなんですけどね。自分は(笑)」

-勝手にやるっていうことは強さが必要なんですが、ご自身を強いと思いますか?

亀「思いませんね(笑)」

-人にあれこれ言われるのは嫌いですか?

亀「う~ん、こうやりたいっていうよりは、やりたくないことはやりたくないとかね。・・・・っていうほうが強いかなあ。こうやりたいっていうのは特にないっすけどねえ。」

-やりたくないことをやらないと、やりたいことをさせてもらえないことってありますよね。その場合はどうなさるんですか?

亀「でもそういうときは、もうやっちゃってるかな」

-ああ、やりたいことのためには?

亀「うん、やってると思いますよ。頭下げたりとか(笑)」

-でも、やりたくないことをやらなきゃいけないことって多いですよね。
亀「多いですね(笑)」

-今までなんとかなってきましたか?
亀「いや~、結構どうにもなってないと思うんですよね・・・・(遠くを見る)。う~ん、なってるのかなあ・・・・(笑)」

Author: 欲望ソース

too short my life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です